Skip to main content

/ 5

/ 5

(Last updated on Apr. 7, 2020)

(日本語は英語の後に続きます)

Page Index 
Useful Links  
What does the government offer? 
Who’s eligible to apply? 
How do I apply? 

Useful Links:
The latest covid-19 related news from METI: https://www.meti.go.jp/english/covid-19/index.html#11
METI brochure on govt’ support measures: https://www.meti.go.jp/covid-19/pdf/pamphlet.pdf
The Cabinet Office’s latest information on the covid-19 situation and related issues: http://japan.kantei.go.jp/index.html
COVID-19 situation report in Japan: https://toyokeizai.net/sp/visual/tko/covid19/en.html
Latest information on the COVID-19 from Tokyo Metropolitan Government: https://stopcovid19.metro.tokyo.lg.jp/en

What does the government offer?
The government offers programs in three categories:

  1. Support for cash flow management activities (第1章 資金繰り支援)
  2. Support for capital investment and business development (第2章 設備投資・販路開拓支援)
  3. Support for management related issues (第3章 経営環境の整備)

 

1. Support for cash flow management activities

  ・Extended loan guarantees

The Japan Federation of Credit Guarantee Corporation will cover 100% of loans and thus make it easier for SMEs to apply for loans

  ・Loan programs with reduced interest rate

The Japan Financial Corporation, JFC, offers loan programs up to JPY 300 mn with a 0.9% rent reduction for SMEs whose sales have declined 5% or more due to the outbreak

  ・Interest replenishment

The government is offering interest replenishments to companies (and freelancers) in some of the hardest affected industries, such as the tourism and restaurant industries

 

2. Support for capital investment and business development

  ・Subsidy programs

The government provides three subsidy programs:
(1) Business Sustainability subsidies (subsidies for business sustainability activities for small enterprises)
(2) IT/Digitalization subsidies (subsidies to increase productivity for SMEs by installing new system)
(3) Manufacturing subsidies (subsidies to improve production systems and product)

 

3. Support for management related issues

  ・Wage/income compensation

Companies can receive JPY 8,330/day per employee to cover for wage payment if the employee is forced to stop work due to the school closure. Freelancers and self-employed caregivers can receive a daily income compensation of JPY 4,100/day.

  ・Employment Adjustment Subsidy

Subsidy for companies that have been forced to downscale business and struggle to keep employees., by increased support to help companies pay leave allowances. With the subsidy, the government will cover 80% of the costs associated with an employee’s leave for SMEs and 66% for large corporations. The subsidy will be retroactive to January 2020 and covers up to JPY 8,300/day per employee for a maximum of 100 days.

  ・Easing of import and export procedures

Extended validity for import and export certificates and licenses

  ・Extension of the valid period of the Certificate of Eligibility for Residence Status

In the case of being unable to enter Japan, the valid period will be extended to 6 months although it is normally for 3 months. According to this change, the Certificate of Eligibility for Residence Status can be used for applications of visa or landing for 6 months from the date stated on the certificate. *If you use the certificate after 3 months passed, it is necessary for a company/organization to submit a document stating the condition that they can do their activities as they planned.

 

For details, please see METI’s latest brochure (as of March 24, 2020) on the government’s support measures, you can access the brochure from “Useful links” above.

 

Who’s eligible to apply?

The support programs apply to all companies registered in Japan, i.e. it does not make any difference if the company is owned by a foreign (Swedish) company.

In general, the loan programs apply to SMEs who have experienced a monthly sales decline of more than 5% compared to the previous year or two years ago.

The employment related support programs apply to SMEs and large corporations on the criteria that the targeted employees are covered by the Japanese employment insurance.

 

How do I apply?

If you are an SME, please make an initial contact to the support center for SMEs to learn what measures may apply for your business:
SME Support Center 中小企業金融相談窓口
Tel: 03-3501-1544
Opening hours : Mon-Fri 09 :00 – 17 :00
https://www.meti.go.jp/covid-19/sodan_madoguchi.html

 

The Japan Financial Corporation can answer to questions related to loan programs and interest replenishment:
Japan Financial Corporation 日本政策金融公庫
Tel: 0120-154-505 (Mon-Fri), 0120-327-790 (Sat-Sun)

 

To apply for Manufacturing, Business Sustainability or IT/Digitalization subsidies, please contact:
Manufacturing Subsidies Consultation Center ものづくり補助金事務局サポートセンター (Manufacturing subsidies)
Tel: 050-8880-4053
https://www.chuokai.or.jp/hotinfo/reiwamono-0326koubo20200310.html 

Japanese Chamber of Commerce and Industry 日本商工会議所 (Business Sustainability subsidies)
Tel: 03-6447-2389    

Service Support Promotion Council サービスデザイン推進協議会 (IT/Digitalization subsidies)
Tel: 0570-666-424
https://www.it-hojo.jp/2020emergency/

 

To apply for wage/income compensation, please contact the support center for subsidies and support associated school closure:                              
Call Center for Subsidies and Support during School Closure 学校等休業助成金・支援金等相談 コールセンター
Tel: 0120-60-3999

 

To apply for Employment Adjustment Subsidies, please contact your local employment agency:
https://www.meti.go.jp/covid-19/pdf/koyojyoseimadoguchi.pdf

 

For inquiries regarding the easing of import and export procedures, please contact your local agency:
https://www.meti.go.jp/press/2019/02/20200214010/20200214010-1.pdf

 


リンク集
経済産業省の支援策:https://www.meti.go.jp/covid-19/index.html
経済産業省の支援策に関するパンフレット:https://www.meti.go.jp/covid-19/pdf/pamphlet.pdf
首相官邸からの新型コロナウイルス感染症対策情報:http://www.kantei.go.jp/index.html
新型コロナウイルス 国内の感染状況:https://toyokeizai.net/sp/visual/tko/covid19/
東京都の新型コロナウイルス対策サイト:https://stopcovid19.metro.tokyo.lg.jp/

 

政府の支援策について
日本政府は3つのカテゴリーで支援策を展開しています。

  1. 資金繰り支援
  2. 設備投資・販路開拓支援
  3. 経営環境の整備

 

1.資金繰り支援

  ・危機関連保証枠

全国信用保証協会連合会が借入債務の100%を保証することで、中小企業や個人事業主の方がより融資を受けやすくなります。

  ・無利子・無担保融資

日本政策金融公庫が中小企業を対象に、信用力や担保に関わらず、融資後三年間までの金利を0.9%に引き下げます。融資額の上限は3億円、新型コロナウイルスの流行を受けて売上高が5%以上減少している企業が対象です。

  ・利子補給制度

上記の借り入れを行った中小企業やフリーランサーの中でも特に大きな影響を受けた事業者(レストランや観光関連など)に対して利子補給を行うことで資金繰りを支援します。

 

2.    設備投資・販路開拓支援

  ・助成金制度

3種類の助成金制度があります。
(1) 持続化補助(小規模事業者の販路開拓のための取り組みを支援します)
(2) IT導入補助(事業継続性確保の観点から、小規模事業者のITツール導入による業務効率化等を支援します)
(3) ものづくり・商業・サービス補助(新製品・サービス開発や生産プロセス改善等のための設備投資等を支援します)

 

3.    経営環境の整備

  ・小学校等の臨時休校に伴う保護者の休暇取得支援

学校の臨時休校等でその学校等に通う生徒の保護者である従業員が休職を余儀なくされた場合、企業は1日当たり最高で8,330円を受け取ることができます。フリーランサーや個人事業主の場合は1日当たり最高で4,100円を受け取ることができます。

  ・雇用調整補助金

経済上の理由で事業主が事業活動の縮小を余儀なくされることにより、労働者の雇用維持を図った場合(一時的な休業や出向等)、休業手当や賃金の一部を保証する助成金制度があります。助成率は、雇用調整を行った企業のうち中小企業は80%、大企業は66%の割合となります。また、この助成金は2020年1月までさかのぼって申請することができ、従業員一人当たりに対して1日当たり8,300円(最大100日間)が補助されます。

  ・輸出入手続きの緩和

新型コロナウイルスの流行に伴い輸出入の遅延が見込まれることから、輸入承認証や輸出承認証の有効期限を延長することが可能です。

  ・「在留資格認定証明書」の有効期間延長

日本に入国することができない場合、「在留資格認定証明書」の有効期間 について、通常は「3か月間」有効であるところ、当面の間、「6か月間」有効 なものとしています。この変更により、在留資格認定証明書に記載の日から 6か月が過ぎるまで、ビザや上陸の申請に使うことができるようになります。 ※在留資格認定証明書は、外国人が日本で行おうとする活動(就労など)について、地方出入国在留管理局が 事前に審査し、条件に適合すると認められる場合に交付されるものです。証明書の提示により、ビザの審査は迅速 に行われます。
※3か月以上過ぎてから在留資格認定証明書を使う場合は、企業などが、「予定通りの活動ができること」を記載した 書類を出す必要があります。

 

上記支援策の詳細については経済産業省の発行するパンフレットをご覧ください。(パンフレットのリンクは冒頭のリンク集に掲載しております)

 

応募するにはどのような条件がありますか?

日本に登記されているすべての企業が対象です。海外所有の場合であっても日本に登記の情報があれば対象になります。

一般的に貸付制度については最近一か月の売上高が前年または前々年の同期に比べて5%以上減少した中小企業が対象です。

雇用関係の支援制度は、中小企業及び大企業の労働者で、かつ日本の雇用保険被保険者が対象です。

 

応募方法について

中小企業の場合は中小企業金融相談窓口にご相談いただき、適用の条件等をお確かめください。
中小企業金融相談窓口
電話番号:03‐3501‐1544
※平日9時~17時
https://www.meti.go.jp/covid-19/sodan_madoguchi.html

 

日本政策金融金庫では融資プログラムや利子補給についての問い合わせを受け付けています。
日本政策金融公庫
電話番号:0120‐154‐505(平日)、0120‐327‐790(土日)

 

ものづくり・商業・サービス補助につきましては下記にお問い合わせください。
ものづくり補助金事務局サポートセンター
電話番号:050-8880‐4053
https://www.chuokai.or.jp/hotinfo/reiwamono-0326koubo20200310.html

 

持続化補助につきましては下記にお問い合わせください。
日本商工会議所
電話番号:03‐6447‐2389
全国商工会連合会
電話番号:03‐6670‐2540

 

IT導入補助につきましては下記にお問い合わせください。
サービスデザイン推進協議会
電話番号:0570‐666‐424
https://www.it-hojo.jp/2020emergency/

 

小学校等の臨時休校に伴う保護者の休暇取得支援につきましては下記にお問い合わせください。
学校等休業助成金・支援金等相談コールセンター
電話番号:0120‐60‐3999

 

雇用調整助成金につきましては、最寄りの都道府県労働局までお問い合わせください。
https://www.meti.go.jp/covid-19/pdf/koyojyoseimadoguchi.pdf

 

輸出入手続きの緩和等については各経済産業局や通商事務所等へお問い合わせください。
https://www.meti.go.jp/press/2019/02/20200214010/20200214010-1.pdf