Skip to main content

/ 5

/ 5

upcoming event

SCCJ EVENT
  • 3 December 2021 18:30 - 20:30

  • The Tokyo EDITION Toranomon, The Lobby Bar (31 f.)

JOINT EVENT
  • 8 December 2021 17:30 - 19:00

  • Online (Youtube)

MEMBERS ONLY EVENT
  • 10 December 2021 17:30 - 19:30

  • Volvo Studio Aoyama

See more events

(日本語は英語の後に続きます。)

 

Digitalization of the economy has dramatically changed our business transaction process across the globe. As a result, a customer’s shopping experience is now more eclectic, effortless, and eye-catching than it has ever been. Bambuser AB is a world-renowned SaaS provider listed on the Nasdaq First North Growth Market. Under the stewardship of its incumbent CEO—Maryam Ghahremani—the company has made live video shopping an integral part of a shopper’s e-commerce experience. SCCJ interviewed Bambuser Chief Commercial Officer Sophie Abrahamsson to ask about its business model, growth strategy, and the future trajectory of the market.

 

Bambuser AB was founded in 2007. It has offices in Sweden, Finland, UK, US, and Japan. Its headcount has grown from around 20 to more than 250 between 2019 and 2021. Revenue in FY2020 stood at 31.1 million SEK (approx. ¥407 million), a year-on-year increase of 872%. As of May 20, 2021, its market cap was 4,420 million SEK (approx. ¥58.0 billion).

 

“We originally became famous as a mobile livestream service provider for news organizations. Reporters, including Associated Press journalists, have covered many headline-grabbing events using our software. For example, the Arab Spring riots in 2010~2011 and the storming of the US Capitol on January 6, 2021. When Maryam Ghahremani was appointed CEO in 2018, however, we shifted our focus to get ahead of the changing e-commerce landscape. Today, Bambuser’s growth center is Live Video Shopping. In fact, over 90% of our revenue is generated from this business arm,” explained Ms. Abrahamsson.

 

Bambuser is a B-to-B service provider. Its Live Video Shopping platform is used by major global brands including Adidas, Samsung, and Uniqlo. Customers promote their products through two types of live streaming. These are: (1) One-to-Many (2) One-to-One.

 

“One-to-Many is the more common application. Similar to Instagram Live, our customers can broadcast their product to an unlimited number of viewers. This can be done in real-time or content can be pre-recorded. One-to-One is more like a Zoom call with added shopping capabilities. With both solutions, viewers can purchase products, seamlessly and on the spot. It literally takes only one or two clicks. Most of our customers are apparel and cosmetics companies, including Japan’s biggest cosmetics brand,” said Ms. Abrahamsson.

 

When asked about Bambuser’s competitive edge over other e-commerce companies, Ms. Abrahamsson provided the following response:

 

“Because Bambuser’s livestreaming experience is fully embedded into our customer’s website, our customers benefit from control and insight not possible with off-site solutions. They retain full ownership of all the data, which enables them to make better decisions. Other benefits include lifts in screen time and conversion rates. For example, the average viewing time of a Bambuser livestream is over 13 minutes. With other platforms and services, this number is less than 5 minutes. Likewise, the conversion rate (i.e. percentage of viewers who make a purchase) is higher on an apples-to-apples basis,”

explained Ms. Abrahamsson.

 

As a SaaS (Software as a Service) company, one of Bambuser’s most important KPIs is monthly recurring revenue (MMR). In Q1 2021 the company’s MMR grew by 63% on a quarter-on-quarter basis, and 550% on a year-on-year basis.

 

“Bambuser is like most SaaS companies in that we generate revenue through subscription fees. We are, however, considering alternate business models to fuel growth in the Asia-Pacific region. Perhaps we can have the opportunity to ask other SCCJ member companies about this over the coming months,” added Ms. Abrahamsson.

 

Ms. Abrahamsson is currently overseeing Bambuser’s commercial division including its Asia-Pacific business. The company officially opened its Japan office in Tokyo at the end of April 2021. As the world’s fourth-largest e-commerce market, Japan is set to become an indispensable market for Bambuser’s future growth strategy. Going forward, the company may decide to open offices in South Korea and Singapore, too.

 

When asked about the future trajectory of e-commerce Ms. Abrahamsson provided the following response:

 

“Personally, I believe retail’s future is one with a seamless connection between online and offline experiences, and Live Video Shopping is an effective way to bridge these two dimensions. Ultimately, the shopper’s buying experience will be more engaging, enjoyable and entertaining than ever before,”

explained Ms. Abrahamsson.

 

We would like to extend a warm welcome to Bambuser Japan as a new member of SCCJ. You can find out more about them at: https://bambuser.com

 


 

経済のデジタル化は世界中のビジネストランザクションプロセスを劇的に変えた。その結果として、消費者のショッピング体験はこれまで以上に魅力的なものになった。Bambuser ABはナスダックのFirst North Growth Marketに上場している世界的に有名なSaaSプロバイダーだ。現職のCEOであるマリアム・ガーレマニ氏の指揮下で、同社はライブビデオショッピングを消費者のeコマース体験において不可欠なものにしている。今回SCCJはBambuser ABでCCO (Chief Commercial Officer)、ソフィー・アブラハムソン氏にインタビューを行い、同社のビジネスモデルや成長戦略、この市場の将来の見通しなどについて話を聞いた。

 

Bambuser ABは2017年に設立され、現在はスウェーデン、フィンランド、イギリス、アメリカ、そして日本にオフィスを構える。従業員数は2019年には20名だったのに対し、2021年には250名へと大きく成長した。2020年度の収益はおよそ3110万スウェーデンクローナ(約4億700万円)で前年比872%増となった。2021年の5月20日時点で、時価総額は44億2000万スウェーデンクローナ(およそ580億円)に達した。

 

「私たちはもともと、報道機関へモバイルライブストリームサービスを提供する企業として有名になりました。AP通信のジャーナリストを含む記者は当社のソフトウェアを使用して一大ニュースになる多くのイベントを取り上げました。例えば2010年~2011年にかけて起こったアラブの春や2021年1月6日の米国議会議事堂襲撃事件などが例に挙げられます。しかし、2018年にマリアム・ガーレマニがCEOに就任した際、私たちは変化するeコマースの状況に先んじるためにビジネス戦略の照準をシフトしました。現在、わが社の主な成長分野はライブビデオショッピングです。実際に、90%以上の収益がこのビジネスから生み出されています。」とアブラハムソン氏は説明する。

 

BambuserはB-to-Bサービスを提供する企業である。そのライブビデオショッピング・プラットフォームは、アディダスやサムスン、ユニクロなどの世界的に有名な多くのブランドで利用されている。これらの企業は、(1)一対多数(2)一対一の2種類のライブストリーミングを通じて製品を消費者に宣伝する。

 

「一対多数はより一般的なアプリケーションです。Instagramのライブ機能と同様に、企業は製品を無制限の数の視聴者に広報できます。これはリアルタイムで行うことも、コンテンツを事前に録画することもできます。一対一はショッピング機能が追加されたZoomの通話のようなものです。どちらのソリューションにおいても、視聴者はスムーズにその場で製品を購入することができます。文字通り、1・2回のクリックで商品を購入することが可能なんです。このサービスの顧客の多くはアパレルおよび化粧品会社であり、そこには日本最大の化粧品ブランドも含まれています。」

 

他のeコマース企業に対するBambuserの優位性について尋ねると、彼女は次のように回答した。

 

「Bambuserのライブ配信機能は顧客のWebサイト上に完全に組み込まれるため、顧客はサイト外で使用するソリューションでは得られない、より充実した管理権限と洞察へのアクセスを得ることができます。当社ではなく顧客がすべてのデータの所有権を持つため、その情報を元に彼らにとってより良い意思決定を行うことができます。その他のメリットには、Webサイトの利用時間とコンバージョン率(実際に購入する視聴者の割合)の向上があります。たとえば、Bambuserを使用して行われたライブ配信の平均視聴時間は13分を超えている一方で、他のプラットフォームやサービスでは、この視聴時間は5分未満です。同様に、コンバージョン率は、同一条件の比較で競合他社よりも高くなっています。」

とアブラハムソン氏は説明する。

 

SaaS(Software as a Service)企業として、Bambuserの最も重要なKPIの1つが毎月の経常収益(MMR)だ。2021年第1四半期には、同社のMMRは四半期ベースで63%増加、前年比で550%増加した。

 

「Bambuserは、サブスクリプション費を通じて収益を生み出すという点で、ほとんどのSaaS企業と同様です。ただ、私たちはアジア太平洋地域の成長を促進するための代替ビジネスモデルを検討しています。おそらく今後近い将来、他のSCCJの会員企業にこういったことについて質問させていただく機会があるでしょう。」とアブラハムソン氏は語る。

 

アブラハムソン氏は現在アジア太平洋地域の事業を含むBambuserの商業部門を指揮している。同社は2021年4月末に東京に日本オフィスを正式に開設した。世界第4位のeコマース市場である日本は、Bambuserの将来の成長戦略にとって不可欠な市場となるだろう。今後、韓国とシンガポールにも事務所を開設する可能性があるという。

 

e-commerceの今後の見通しについて尋ねると、アブラハムソン氏は次のように答えた。

 

「小売業の未来はオンラインとオフラインをシームレスに結び付けるものだと思います。ライブビデオショッピングは、これら2つの次元を橋渡しする効果的な方法です。最終的に買い物客のショッピング体験は、これまで以上に魅力的で、楽しく、エンターテイメント色の強いものになるでしょう。」

 

Bambuser JapanのSCCJ加盟を心より歓迎いたします。Bambuserについてくわしくはこちらからご覧になれます。