Skip to main content

/ 5

/ 5

upcoming event

SCCJ EVENT
  • 3 December 2021 18:30 - 20:30

  • The Tokyo EDITION Toranomon, The Lobby Bar (31 f.)

JOINT EVENT
  • 8 December 2021 17:30 - 19:00

  • Online (Youtube)

MEMBERS ONLY EVENT
  • 10 December 2021 17:30 - 19:30

  • Volvo Studio Aoyama

See more events

(日本語は英語の後に続きます)

 

A brand is more than meets the eye. Within it lies a story that not only invokes but answers the following questions: Where did it come from? What does it stand for? Where is it going? But this is not always a given. Sometimes brands become overly enigmatic, unengaging, or unimaginative. Indeed, it is during such times Landor & Fitch—a global brand transformation company—comes into their own. SCCJ interviewed Landor & Fitch Japan’s Managing Director Bengt Eriksson to ask about the company’s history, the importance of corporate identity, and the future of brand transformation.

 

Landor & Fitch was created in 2021 when global brand consultancy and design agency Landor integrated with retail design consultancy Fitch. It is wholly owned by WPP: a creative transformation company headquartered in London. WPP is one of the “Big Four” communications and advertising agency companies. Their consolidated revenue in FY2020 stood at GBP 12,002.8 million (approx. ¥1.85 trillion). WPP is listed on London Stock Exchange’s FTSE100. As of October 12, 2021, their market cap stood at GBP 11,610.81 million (approx. ¥1.77 trillion).

 

Mr. Eriksson joined Landor in 1997. The company was founded by Walter Landor in San Francisco in 1941. Prior to its integration with Fitch, Landor was already well-known as a brand consulting firm that could think outside the box. For example, from the 1960s to the 1980s, instead of housing its headquarters within a conventional skyscraper, Landor setup its office onboard the ferryboat Klamath docked at San Francisco Bay. “This was supposed to showcase our creative and innovative approach. […] The newly formed Landor & Fitch not only strives to sharpen its existing capabilities; it will continue to drive our clients’ brand transformation over the long run,” explained Mr. Eriksson.

 

Landor & Fitch’s global clientele includes world-renowned brands such as Apple, Bang & Olufsen, BP, Kellogg’s, Lego, Microsoft, Nike, Procter & Gamble, and Singtel. In Japan, Landor has been doing business since 1972. Over the years, it has partnered with many blue-chip companies. For example, ENEOS, Japan Post, Kikkoman, Meiji, Nippon Steel, Odakyu, and Prince Hotels.

 

“In some cases, we supported our clients to create an entirely new brand from scratch. In other cases, the emphasis was more on strengthening the corporate brand by better harmonizing the different businesses and product brands. […] We are here to assist our clients sharpen their brand identity through transformation. It’s about defining and refining their story, if you will. That’s why we have both left and right brain people. That’s why we have more than 1,200 curious minds. That’s why we value teamwork. […] As long as the brand identity is clearly set out, communication and advertising should follow through quite smoothly,” said Mr. Eriksson.

 

Because Landor & Fitch identifies itself as a transformation company, asking a question about the newest trends in branding was almost an imperative. According to Mr. Eriksson, sustainability and remote and/or hybrid workstyles are the current buzz.

 

“Today, businesses need to incorporate sustainability into their brand identity. It is no longer a ‘nice to have’ but a societal expectation. But simply abiding to regulations or meeting the bear-minimum requirement is not enough. A smart brand transformation strategy must strive to go beyond that; businesses ought to take up a unique sustainability approach. It’s got to be different, compelling, and convincing at the same time. Of course, that is easier said than done […] As for remote work and hybrid work, you only need to look at US tech companies like Apple, Facebook, and Twitter to know that businesses are taking this issue head on. I believe this will soon become an important element of a company’s brand identity,”

explained Mr. Eriksson.

 

Mr. Eriksson, an affable and easygoing Swede, has more than 30 years of experience in brand consulting.

 

“My time with Landor started back in 1997. I joined the London office as its executive director for the Scandinavian and Baltic countries. Before assuming my current position, I was in charge of Landor’s Middle East & North Africa business. My team and I were responsible for branding the Burj Dubai: a real estate project that includes the world’s tallest skyscraper,” said Mr. Eriksson.

 

When asked about why Landor & Fitch decided to become a SCCJ member company in 2021, Mr. Eriksson gave the following response:

 

“I’m relatively new to Japan, so I appreciate the chance to talk with people who understands the market and business culture here better than I do. Also, it’s nice to speak Swedish once in a while. My company is not at all Swedish, although we have worked with quite a few Swedish brands, so SCCJ gives me a little connection back to where I come from”.

 

We would like to extend a warm welcome to Landor & Fitch as a new member of SCCJ. You can find out more about them at: https://landorandfitch.com

 


 

ブランドは見た目だけのものではない。そこには、次のような疑問を呼び起こすだけでなく、その疑問に答えるストーリーがある。どこから来たのか?何のために存在するのか?どこへ行こうとしているのか?しかし、それは必ずしも当たり前のことではないのだ。時にブランドは、過度に謎めいていたり、魅力がなかったり、想像力に欠けていたりする。そのようなときにこそ、グローバルなブランド・トランスフォーメーション・カンパニーであるLandor & Fitchが本領を発揮する。SCCJは、Landor & Fitch Japanのマネージング・ディレクターであるBengt Eriksson氏にインタビューを行い、同社の歴史、コーポレート・アイデンティティの重要性、そしてブランド・トランスフォーメーションの未来について話を聞いた。

 

Landor & Fitchは、2021年にブランドコンサルティングとデザインのグローバルエージェンシーであるLandorと、リテールデザインのコンサルタントであるFitchが統合して誕生し、ロンドンに本社を置くクリエイティブ・トランスフォーメーション・カンパニーであるWPPが同社を完全所有している。WPPは「ビッグ4」と呼ばれる通信・広告代理店企業のひとつで、2020年度の連結売上高は12,002.8百万ポンド(約1兆8500億円)だった。WPPは、ロンドン証券取引所のFTSE100に上場しており、2021年10月12日現在の時価総額は、11,610.81英ポンド(約1兆7,700億円)である。

 

Eriksson氏は1997年にLandorに入社した。Landorは、1941年にWalter Landorによってサンフランシスコで設立された。Landorは、Fitch社との統合以前から、既成概念にとらわれないブランドコンサルティング会社として知られていた。例えば1960年代から1980年代にかけて、Landorは本社を従来の超高層ビルの中に置くのではなく、サンフランシスコ湾に停泊するフェリーボート「Klamath」の船上にオフィスを構えた。「これは、私たちのクリエイティブで革新的なアプローチをアピールするためのものでした。(中略)新生Landor & Fitchは、既存の能力を磨くだけでなく、長期的にクライアントのブランド変革の推進を目指しています。」とEriksson氏は説明する。

 

Landor & Fitchのグローバルな顧客には、Apple, Bang & Olufsen、BP、ケロッグ、レゴ、マイクロソフト、ナイキ、プロクター&ギャンブル、Singtelといった世界的に有名なブランドが含まれている。Landorは1972年から日本でビジネスを展開しており、長年にわたり多くの優良企業と提携してきた。例えば、ENEOS、日本郵政、キッコーマン、明治、新日鉄、小田急、プリンスホテルなどが挙げられる。

 

「私たちがサポートしたクライアントの中には、まったく新しいブランドをゼロから立ち上げたケースや、異なる事業や製品ブランドをより調和させてコーポレートブランドを強化することに重点を置いたケースもあります。(中略)私たちはトランスフォーメーションを通じて、お客様のブランド・アイデンティティを研ぎ澄ますサポートをしています。言ってみれば、クライアントのストーリーを明確にし、洗練させることです。だからこそ、私たちには左脳派と右脳派のスタッフがいるのです。1,200人以上の好奇心旺盛なスタッフがいるのもそのためです。だからこそ、私たちはチームワークを大切にするのです。(中略)ブランド・アイデンティティーがはっきりしていれば、コミュニケーションも広告もスムーズに進むはずです」

 

Landor & Fitchは自らをトランスフォーメーション・カンパニーと位置づけているので、ブランディングの最新トレンドについて質問することは必須だった。Eriksson氏によると、サステナビリティとリモートかつ、またはハイブリッドなワークスタイルが現在の流行であるという。

 

「今日、企業はサステナビリティを自身のブランド・アイデンティティに組み込む必要があります。サステナビリティは最早『あればいい』というものではなく、社会が前提としているものです。しかし単に規制を遵守したり、必要最低限の要件を満たすだけでは十分ではありません。賢いブランド変革の戦略では、それ以上のものを目指し、企業は独自のサステナビリティに対するアプローチを取るべきです。他とは違う、説得力のある、納得のいくものでなければなりません。もちろん、『言うは易し、行うは難し』ですが(中略)、リモートワークやハイブリッドワークについてはApple、Facebook、Twitterなどの米国のハイテク企業を見れば、企業がこの問題に正面から取り組んでいることがわかります。私は、これが企業のブランド・アイデンティティの重要な要素になると確信しています。」

 

とEriksson氏は語る。

 

愛想がよく、気さくなスウェーデン人であるEriksson氏は、ブランドコンサルティングの分野で30年以上の経験を持つ。

 

「私がLandorに入社したのは1997年のことで、ロンドンオフィスのスカンジナビア・バルト諸国担当のエグゼクティブ・ディレクターとして入社しました。現職に就く前は、Landor社の中東・北アフリカ地域のビジネスを担当していました。私のチームは世界で最も高い超高層ビル「ブルジュ・ドバイ」を含む不動産プロジェクトのブランディングを担当していました。」

 

Landor & Fitchが2021年に企業会員としてSCCJへの加盟を決めた理由について尋ねると、Eriksson氏は次のように答えた。

 

「私は日本に来て間もないので、日本の市場やビジネス文化を私よりもよく理解している人たちと話ができるのはありがたいことです。また、たまにはスウェーデン語を話せる場があるのもいいですね。私の会社は完全なスウェーデン企業ではありませんが、スウェーデンのブランドとは数多く仕事をしてきましたので、SCCJは私の出身地とのつながりを少し感じさせてくれます。」

 

Landor & FitchのSCCJ加盟を心より歓迎いたします。Landor & Fitchについて詳しくはこちらからご覧になれます。