Skip to main content

/ 5

/ 5

upcoming event

JOINT EVENT
  • 28 January 2020 08:00 - 09:00

  • Stockholm Chamber of Commerce, Sweden

SCCJ EVENT
  • 14 February 2020 08:00 - 09:30

  • Embassy of Sweden, Club Room (Apartment Entrance)

SCCJ EVENT
  • 20 February 2020 19:00 - 22:30

  • Sasazuka Bowl

See more events

(日本語は英語の後に続きます)

 

Ever had the urge for a kanelbulle (Swedish for cinnamon roll) in suburban Tokyo but got lost in transition (never mind translation)? Rest assured: From now on you’ll be on a roll. FIKAFABRIKEN, nestled along a quiet street in Setagaya-ku, will welcome you with their delicious coffee, savory pastries, and Swedish style hospitality. SCCJ visited founder Ms. Ai Sekiguchi at her chic café on a fine sunny afternoon to find out what’s cooking at her shop this winter.

 

Ms. Sekiguchi established K.K. Kärlek (the company that owns FIKAFABRIKEN) in June 2016. The shop is located at 1-22-3, Gotokuji, Setagaya-ku, Tokyo. It is within five minutes walking distance from Gotokuji Station on the Odakyu Odawara Line and Yamashita Station on the Tokyu Setagaya Line.

 

Ms. Sekiguchi, who was born in Kobe-city, Hyogo Prefecture, decided to open her shop in this cozy Setagaya neighborhood because one of her alma maters is located within the vicinity. “I spent a good few years of my student life in this area. I like the ambience here. It stirs up amicable feelings” commented Ms. Sekiguchi.

 

The shop is instantly recognizable from the street due to its large glass door, take-out window, and its periwinkle-colored façade. “We have four counter seats and eight table seats. As you can see, the counter seats are just inside the glass door. The table seats are near the back of the store over there” explained Ms. Sekiguchi from across the counter table.

 

FIKAFABRIKEN’s most popular pastries are its cinnamon roll and carrot cake. These are all handmade by Ms. Sekiguchi every morning. Ms. Sekiguchi studied pastry craft at Le Cordon Bleu Tokyo—a global culinary school founded in Paris, France in 1895. But Ms. Sekiguchi added that her education in pastry craft did not end there: “I enjoy self-studying. I’ve continued refining my skills by myself ever since, too. One of the main reasons is because I’ve always wanted to recreate here in Japan, the pastries I had in Sweden when I was living there”.

 

When she was at university, Ms. Sekiguchi studied as an exchange student at Lund University for one year. Lund University was founded in 1666 and is one of Sweden’s leading educational institutions. It was during her study abroad in Lund that Ms. Sekiguchi became captivated with Sweden’s coffee culture.

“My shop FIKAFABRIKEN means ‘Fika factory’. I made lots of good friends in Sweden through Fika. That’s why, I would like to provide my customers the opportunity to do the same here. Please feel free to drop by anytime for some Fika”.

 

Before starting her own company, Ms. Sekiguchi worked at Lilla Dalarna—a well-known Swedish restaurant located in Roppongi. “I worked at Lilla Dalarna from 2013 to 2015. Actually, I first started FIKAFABRIKEN at Lilla Dalarna. They were generous enough to let me use their restaurant as a café when they were closed.  That’s how my business got started before I opened this shop” explained Ms. Sekiguchi.

 

According to Ms. Sekiguchi, the majority of FIKAFABRIKEN’s customers are Setagaya-ku residents. “Many customers find out about FIKAFABRIKEN either through word-of-mouth or through our Instagram account. We sometimes have Swedish customers too, but not many. In the future, it would be wonderful if we can have more Swedes working in the food & beverage industry visit us” commented Ms. Sekiguchi.

 

Despite having a total of 13 seats, on most days, Ms. Sekiguchi manages her shop single-handedly. “It’s small enough to manage everything by myself. But it can get busy on the weekends sometimes. If that happens, I sometimes ask for some help […] We are open from 12:00 to 19:00 every day from Thursday to Monday. We are closed on Tuesday and Wednesday” explained Ms. Sekiguchi.

 

So next time you get an urge for kanelbulle, or, if you’re just looking for a place to Fika in suburban Tokyo, FIKAFABRIKEN’s one of a kind sweets and heartfelt hospitality will be waiting to welcome you.

 

We would like to extend a warm welcome to FIKAFABRIKEN as a new member of SCCJ. You can find out more about them at: https://fikafabriken.jp


東京の郊外でふとスウェーデンのシナモンロールが食べたくなり、でもどこへ行けばよいのか迷ったことはないだろうか?でも大丈夫。世田谷区の静かな通り沿いにあるFIKAFABRIKENが美味しいコーヒーとデザート、そしてスウェーデン流のおもてなしであなたを迎えてくれる。SCCJは創設者の関口愛氏にFIKAFABRIKEN併設のカフェスペースで話を聞いた。

 

関口氏は株式会社シャーリック(FIKAFABRIKENを運営する会社)を2016年6月に設立した。お店は東京都世田谷区豪徳寺1-22-3に位置している。小田急小田原線豪徳寺駅、又は東急世田谷線山下駅から歩いて5分の場所にある。

 

兵庫県神戸市で生まれた関口氏。この居心地のいい世田谷エリアでお店を開こうと決めた理由の一つが、彼女の母校がこの近くにあったからである。「学生生活の何年かをこのエリアで過ごしました。個々の雰囲気が好きでとても落ち着くんです。」と関口氏は言う。

 

お店は大きなガラスドア、テイクアウトの窓、淡い紫の外見のおかげですぐに見つけることができる。「店内にはカウンター席が4席とテーブル席が8席あります。見ての通り、カウンターはグラスドアのすぐそばにあります。テーブル席はお店の後ろ付近にあります。」と関口氏はカウンター越しに説明してくれた。

 

FIKAFABRIKENの一番人気のお菓子はシナモンロールとキャロットケーキだ。これらのお菓子は関口氏が毎朝手作りしている。彼女は1895年にフランスはパリで創設され、世界的に有名な料理学校ル・コルドン・ブルー 東京校でお菓子作りを学んだ。ただ、関口氏はお菓子作りの学びをそこで辞めなかった。「自分で勉強するのが楽しいのです。それ以来ずっと自分のスキルを磨き続けています。その理由の一つは、私がスウェーデンに住んでいたころに出会ったお菓子屋さんをここ日本で再現したいとずっと思っているからです。」

 

大学生の頃、関口氏は交換留学生として一年間ルンド大学に留学した。ルンド大学は1666年に設立され、スウェーデンを代表する大学の1つだ。関口氏がスウェーデンのコーヒー文化に魅了されたのはルンドで留学生活を送っていたころだという。

「FIKAFABRIKENとは“お茶の時間工場”という意味を持っています。Fikaを通じて私はスウェーデンで沢山の友人と出会いました。だからこそ同じような機会をお客様に提供したいのです。Fikaをしにいつでもお店に立ち寄ってほしいと思っています。」

 

彼女自身が会社を設立する前、関口氏は六本木にある有名なスウェーデン料理のレストランLilla Dalarnaで働いていた。「2013年から2015年まで働いていました。実はFIKAFABRIKENを一番最初に始めた場所はこのリラ・ダーラナでした。お店が閉まっている間、親切にも私がレストランをカフェとして使えるようにしてくれたのです。そうしてこのお店をオープンする前からビジネスを始めたのです。」と関口氏は語る。

 

関口氏によると、FIKAFABRIKENのお客さんの多くは世田谷区に住んでいる人たちだ。「お客様の多くはFIKAFABRIKENのことを口コミやインスタグラムを通じて知ってくださいます。多くはありませんがスウェーデン人のお客様も時々見えられます。将来的には、飲食業界で働くスウェーデンのお客様にもっと来てもらえたらいいなと考えています。」と関口氏はコメントした。

 

店内には13席あるにも関わらず彼女はお店を一人で切り盛りしている。「自分ですべてを管理するにはちょうどいい大きさなんです。週末には忙しくなることもありますが、その場合は他の人にお手伝いを頼むこともあります。(中略)お店は木曜日から月曜日まで、12時~19時まで営業しており、火曜日と水曜日は定休日です。」

 

今度シナモンロールを食べたくなったり、東京の郊外でFikaができる場所を探している際は、是非FIKAFABRIKENに立ち寄ってほしい。美味しいお菓子と温かいおもてなしがあなたを待っている。

 

FIKAFABRIKENのSCCJ加盟を心より歓迎いたします。FIKAFABRIKENについてくわしくはこちらからご覧になれます。